様々ながんについて学ぶ(前立腺がん)
―漢方とがんに関する情報サイト

前立腺がん

前立腺は男性にだけにある臓器で、ここで精液の一部を作っています。前立腺ガンは50歳以上の人に多く発病しますが、欧米に比べると日本では少ないガンとされています。しかし高齢化が進み、確実にその数は増えるであろうと考えられているようです。

近年、発症の原因の一つとして遺伝子の異常がいわれていますが、なぜガン化するのかはまだ十分に解明されていないようです。そのほか、脂肪分の多い肉類の食べ過ぎ、緑黄色野菜不足、アルコール度数の強い酒の多量摂取なども挙げられています。また高齢者に多いことから、ホルモンのバランスが不均衡になるためともいわれています。前立腺ガンはリンパ節と骨に転移しやすいといわれています。

前立腺ガンはほとんどが前立腺の中の腺細胞がガン化したものであり、大半が男性ホルモンにより進行が早まるという特徴をもっています。そのため、男性ホルモンの作用を抑えることによりガンの増殖を止め、ガン細胞の一部を死滅させることができるようです。また、ほかのガンと同様に、早期発見が治癒につながります。

前立腺がんの症状

初期は無症状。
ガンが大きくなると、尿が出にくい、尿の回数が多くなる、残尿感がある、尿意を感じると排尿を我慢できない、下腹部の不快感などの尿道狭窄症状や、膀胱刺激症状をもたらす。さらにガンが大きくなると、尿道を閉塞して尿が出なくなる。こうなると、尿が膀胱にたまって下腹部痛を起こす。

前立腺がんの発見方法

肛門から指を入れて前立腺の硬さ、周囲との境界、痛みの有無などを調べる。
血液中の前立腺特異抗原の測定をし、その後、超音波検査、生検、病理組織学的検査を行う。 ほかの臓器への転移等を調べるCT検査MRI検査を行う。
腎臓や尿管、膀胱などへの浸潤は、尿道口から造影剤を入れてX線撮影する。

前立腺がんの治療法

初期ガンであれば手術で治る。
前立腺にとどまっている段階であれば手術と放射線療法を行う。
ほかの臓器に転移がある場合は内分泌療法を中心に行う。
内分泌療法がうまくいかなかったときは化学療法が行われるが、あまり効果的ではない。

様々ながんについて学ぶ

知りたいがんの種類を選択してください。

TOP▲