様々ながんについて学ぶ(口腔がん・咽頭がん)
―漢方とがんに関する情報サイト

口腔がん・咽頭がん

口腔や咽頭にできるがんは、その大部分が粘膜表面の重層扁平上皮に発生します。誘因として挙げられているのが、不衛生、喫煙、飲酒、歯牙の不正、不適合な義歯による慢性的な刺激などです。口腔がんの90%以上が粘膜表面の扁平上皮が悪性化したものですが、歯肉や硬口蓋では、腺がん、悪性多型腺種など腺系のがんも見られます。

発生部位に分けると、舌がん、舌辺縁部で発生しやすく、若年層にもよく見られます。歯肉がん、発生した部位により下顎歯肉がん、硬口蓋がん、顎骨中心性がんなどに分類されます。悪性リンパ腫、悪性黒色腫も見られます。舌がんに比べると高齢者に多いようです。

咽頭がんは上、中、下それぞれの部分に分けられています。上咽頭がんは日本人にはまれだとされていますが、口を開けても見えない部分なので発見が遅れることがあります。また、中咽頭がんも比較的日本ではまれだと認識されています。日本人患者の過半数を占めているのが、口蓋扁桃に発生する扁桃がんです。

下咽頭がんの場合、ある程度大きくならないと症状が出ない部位であり、リンパ節に転移しやすい特徴があります。男性のほうが多く発生しているのですが、輪状後部に発生するがんは女性に多く見られます。鉄分が欠乏することによる貧血が関係していると思われます。

口腔がん・咽頭がんの症状

上咽頭がん

  • 頸部リンパ節と呼ばれる首のリンパ節の腫脹(しゅちょう)。
  • 鼻づまりと鼻出血。
  • 耳のつまったような感じ。
  • 難聴(多くは片側性)。
  • 外転神経障害のため物が二重に見えたりする。
  • 視神経の障害による視力障害。
  • 三叉神経が圧迫されたり侵されることによる疼痛。

中咽頭がん

初期の食物を飲み込むときの異和感。しみる感じ。 のどの痛みや飲み込みにくさ、しゃべりにくさなどが少しずつ強くなる。さらに進行すると耐えられない痛み。出血、開口障害、嚥下障害、呼吸困難など。また、もとのがんそのものによる症状がほとんどなく、頸部へ転移したリンパ節の腫れの場合も。

下咽頭がん

  • 嚥下(えんげ:飲み込むこと)時の異物感。
  • 嚥下時に何かひっかかる感じやスッキリ飲み込めない感じ。
  • 潰瘍(かいよう)型の腫瘍では焼けつくような痛み。
  • 嚥下時に耳の奥に鋭い痛み。中耳炎のような症状。
  • 風邪でもないのにしわがれ声が続く。
  • 進行すると空気の通り道が狭まるために、ゼーゼーして息苦しくなる。
  • 頸腫(頸部のしこり)。

舌がん

  • 潰瘍や腫瘤ができる。
  • 白っぽいザラザラの粘膜面ができる。

歯肉がん

  • 初期は口内炎のような症状。
  • 進行してくると周囲が盛り上がった出血しやすい潰瘍、表面は壊死する。
  • 顎骨も破壊され、ひどい口臭がする。

口腔がん・咽頭がんの発見方法

画像検査が主流

口腔内はじかに目で確認でき、さわることも可能なので発見は容易。
X線等による画像検査でさらに詳しく検査する。
咽頭がんではX線による存在、部位、大きさ、深達度を確認。

内視鏡による観察

CT、MRIによる病巣の広がり、深達度、壊死の有無、肺への転移、腫瘤の性状、腫瘍と血管の関係、脳への浸潤等を調べる。

様々ながんについて学ぶ

知りたいがんの種類を選択してください。

TOP▲