様々ながんについて学ぶ(食道がん)
―漢方とがんに関する情報サイト

食道がん

食道ガンは、食道の内側粘膜の表面にある上皮から発生します。上皮は扁平上皮で構成されているので、90%以上の食道ガンが扁平上皮ガンです。

ガン細胞の増殖が進むと、食道の壁を作る筋肉に入り込んでいきます。さらに大きくなっていくと食道の壁を貫き、食道の外にまで広がります。食道の周囲には、気管・気管支や肺、大動脈、心臓など重要な臓器があるので、ガンがさらに大きくなるとこれらへ広がっていきます。

また、食道にはリンパ管や血管が多く、ガンはリンパ液や血液の中に入り込んで別のところへと転移します。リンパによって転移したガンは、リンパ節で塊を作ります。腹部などのリンパ節に転移することもあるようです。血液に入り込んだガンは、肝臓、肺、骨などに転移します。

発生要因(危険因子)として喫煙、飲酒、熱い飲食物の嗜好などが関連するといわれています。症状のない食道ガンも少なくないようです。近年では健康診断で内視鏡検査などが行われるようになり、早期段階で発見されることが多くなっています。

食道がんの症状

食事のときに感じる症状:
早期では飲み込むときのつかえるような感じ。
はさまる感じ。いつもつかえているような感じ。
胸骨の後方の痛み。胸痛、全身のだるさ、食欲がない、胸やけがする。
進行すると、飲み込んだものが逆流してむせる。唾液が飲み込めずにいつも吐き出す。
さらに進むと、胸の奥や背中の痛みを感じ、気管を圧迫した場合は咳や血痰が出る。

食道がんの発見方法

X線と内視鏡で造影剤を飲み下す様子を撮影して、形態の異常の有無を調べる。
内視鏡での肉眼的観察。
ルゴール液を塗布することによる病変部の発見。
超音波内視鏡による観察。
疑わしい部分細胞を採取して検査する。

食道がんの治療法

転移のない表在ガンの場合、内視鏡による粘膜切除手術を行う。内視鏡での切除ができない場合は手術療法が行われる。
手術療法は発生部位進行度により手術方法が変わる。
進行ガンで転移が認められた場合、手術は行わず、放射線療法と化学療法の併用、または温熱療法や免疫療法を加えた治療を行う。

様々ながんについて学ぶ

知りたいがんの種類を選択してください。

TOP▲