様々ながんについて学ぶ(脳腫瘍)
―漢方とがんに関する情報サイト

脳腫瘍

脳腫瘍は、頭蓋内の組織から発生した原発性脳腫瘍と、ほかの臓器のがんが脳に転移または浸潤した転移性脳腫瘍の二つに大きく分類されます。

原発性脳腫瘍は子供に多いことが大きな特徴で、子供と成人では発生する腫瘍の種類も発生部位も異なります。成人では脳そのものにできる悪性のグリオーマ(膠芽腫・悪性星細胞腫)が多く見られ、ついで脳膜にできる良性の髄膜腫、下垂体にできる良性の下垂体腺腫の3つが全体の7割以上を占めます。また、小児ではグリオーマが50%以上を占めていますが、半数は良性の星細胞腫ですので摘出手術により治ります。

脳腫瘍でもっとも悪性な膠芽腫は脳内で浸潤が著しく、急速に広がりますので、発症後数カ月で死に至る場合もあります。悪性星細胞腫は、膠芽腫と増殖の状態や症状は同じですが、悪性度はやや低いものです。また、グリオーマなどは時間の経過とともに、しばしば良性から悪性に変化します。

脳は血流が豊富なため、全身のがんが転移しやすい臓器です。特に肺がん、乳がんなどからの転移が多いようです。肺がんからの転移は脳実質と呼ばれる脳の内部に、乳がんからの転移は硬膜などに定着しやすい性質があり、特徴としては転移が複数の場所で認められることがあります。さらに、脳を取り囲んでいる脳脊髄液の中でがん細胞が増殖することもあります。この場合、治療は極めて難しくなります。

脳腫瘍の症状

一般症状と、発生部位ごとの局所症状がある

  • 一般症状:
    頭痛、吐き気、嘔吐、意識障害、痙攣、意識障害
  • 局所症状:
    意識障害、痙攣、片側手足の筋力低下、視野障害、左同名半盲、めまい、嗅覚障害、顔面筋麻痺、顔面の知覚麻痺、顔面痛、顔面痙攣、味覚障害、嚥下障害、記憶力低下、判断力低下、耳鳴り

脳腫瘍の発見方法

脳腫瘍の疑いがある場合はまず眼底検査を行う。
CTやMRIによる診断で、腫瘍の場所、大きさ、性質が判明。
内分泌異常をともなう腫瘍は、血液中のホルモンの量を測定することにより確認できる。

脳腫瘍の治療法

良性腫瘍は手術で社会復帰可能。

脳腫瘍の治療は、手術による腫瘍摘出、放射線療法、化学療法が用いられ、良性の場合、完全に摘出ができれば社会復帰は可能。

悪性腫瘍はできるだけ摘出し、残った腫瘍に対して放射線治療と抗がん剤による化学療法が行われる。

様々ながんについて学ぶ

知りたいがんの種類を選択してください。

TOP▲