様々ながんについて学ぶ(白血病)
―漢方とがんに関する情報サイト

白血病

白血病は、血液に由来する腫瘍細胞が骨髄(骨の中の血液を作る場所)や血液中で増える病気です。病気の経過により、急性白血病と慢性白血病に分けられています。

急性白血病は、さらに悪性化した細胞の種類により、急性骨髄性白血病(急性非リンパ性白血病)と急性リンパ性白血病に大別されます。同様に慢性白血病も、慢性骨髄性白血病と慢性リンパ性白血病に分けられます。

正常な骨髄は、芽球という血液細胞(白血球・赤血球・血小板)に分化する大元の細胞を作っています。急性白血病はこの芽球ががん化した病気です。骨髄ではがん化した芽球のみで占められ、正常な血液細胞が作られなくなります。がん化した芽球は、もはや正常な白血球になることはできません。そのため、正常な白血球、赤血球や血小板が減り、悪性細胞が血液の流れに乗って全身にめぐり、臓器に侵入し、障害を起こすようです。

原因はまだわかっていませんが、遺伝子レベルでの異常が原因ではないかと考えられています。先天性免疫不全症や、染色体(遺伝子)異常などによる先天性疾患でも白血病が発生しやすいようです。また、放射線・抗がん剤なども白血病の原因ではないかといわれており、これらの治療を受け、その後に発生した白血病を二次性白血病と呼ばれています。しかし大半は原因が不明なようで、効果的な予防法も明らかにされていないようです。

白血病の症状

赤血球の減少による症状:
抹消組織の酸素不足による、顔面蒼白、息切れ、動悸、全身の倦怠感。
血小板の減少による症状:
止血作用の低下により、皮膚、粘膜、歯肉、消化管、性器、脳などが少しの刺激により出血しやすくなる。
正常白血球の減少による症状:
感染症にかかりやすくなり、風邪をひいたような症状、発熱が見られる。口内炎、肺炎、尿道炎なども生じやすくなる。
臓器浸潤による症状:
リンパ組織で増殖すると、リンパ節、脾臓、肝臓が腫れる。歯肉へ浸潤すると、歯肉が腫れる。骨では骨髄腔を拡大させ、骨折が生じやすくなる。
中枢神経系への浸潤による症状:
脊髄や脳に浸潤することによって頭痛、吐き気、嘔吐、だるさ、四肢麻痺、失禁、痙攣、視力障害、意識障害などが発生する。

白血病の発見方法

血液検査による異常細胞の有無をチェックする。
骨髄穿穿刺(胸骨あるいは腸骨に針を刺して骨髄液を採取する)。
慢性白血病は症状に乏しいため、たまたま受けた血液検査で異常が見つかることもある。

白血病の治療法

急性白血病の場合:
抗がん剤による化学療法、放射線療法、造血幹細胞移植療法。
慢性白血病の場合:
インターフェロン療法、造血幹細胞移植用法、抗がん剤による化学療法。

様々ながんについて学ぶ

知りたいがんの種類を選択してください。

TOP▲