様々ながんについて学ぶ(胃がん)
―漢方とがんに関する情報サイト

胃がん

胃内部の粘膜を形成する細胞ががん化して発生します。胃炎などを起こした後はとくにがん化しやすいといわれています。

発生原因として考えられているものの一つが塩分の多い食生活です。また、タバコも胃がんを増やすといわれています。さらに最近では、ヘリコバクター・ピロリと呼ばれる胃の中に棲みつく細菌が慢性の炎症を起こし、慢性萎縮性(まんせいいしゅくせい)胃炎の状態になり、がん化するといわれています。これらの原因で胃の細胞の遺伝子に傷がつき、がんの発生となるようです。

30~60ミクロンの大きさから発生したがんは、時間を経て5mm程度の大きさになると発見しやすくなります。外に向かって縦に徐々に深く浸潤(しんじゅん:がんが周囲に拡がること)を始めると転移しやすくなり、予後が悪くなります。がんの外方向への進展が粘膜下層までに止まっている状態のがんは早期がんといえます。

また、胃がんには、縦方向への成長スピードの速いスキルスがんと呼ばれるものや、早い時期に血液やリンパの流れに乗って転移するものもあります。胃がんは早期発見と適切な治療で確実な治癒が見込まれています。さらに、近年の医療技術の進歩によって早期発見が可能になり、死亡率も減少してきているようです。

胃がんの症状

初期に自覚症状はない。
ほかの胃腸病と同じ症状。食欲がない、胸やけ、げっぷ、吐き気などが続く。
進行するとしこりを感じるようになる。

胃がんの発見方法

内視鏡検査によって疑わしい部分を微量採取し、顕微鏡による検査を行う。
X線による胃部の撮影が主役となる。

胃がんの治療法

発生部位を手術によって切除する。リンパ液による転移を防ぐため、リンパ節を清掃除去することが原則。手術が不可能な場合は、抗がん剤を利用した化学療法や免疫療法を行う。

様々ながんについて学ぶ

知りたいがんの種類を選択してください。

TOP▲